FireExpress HR

製品情報

FireExpress HR
FireExpress HR
ファイア-エクスプレス エイチアール

熱いシャフト“HOT ROD”の
インパクトはシリーズ最速!

FireExpress HR
FireExpress HR

 2009年にブランドデビューしたファイア-エクスプレス。記念すべき10年目のシャフトは、徹底的に飛距離性能にこだわった「ファイア-エクスプレス HR」。
 飛距離アップの要素を考えた時に、一番シンプルなことが「ヘッドスピードアップ」です。最新の設計で、フェースを極度にターンさせることを抑え、方向安定性をキープしつつヘッドスピードアップの機能を搭載しました。
 HRを使い始めたプレイヤーの多くは、当初、ややつかまり過ぎることや、トップ気味のショットに戸惑うことでしょう。
 それはプレイヤーの想定を超えるヘッドの走りが要因となっています。このHRのスピードに対応することができたとき、従来のシャフトでは味わえなかった飛距離を得ることが可能となる、“挑戦意欲を掻き立てる”シャフトです。
 重量帯は40g台、50g台、60g台。シャフト外層には新たに「6AX SOF(六軸組布シート)」を採用。全方向の変形を抑え方向安定性を高めています。
40g台は、シャフト積層中の80%以上を東レ製高弾性高強度(ハイテンシルグラファイト)の「TORAYCA®T1100G」を使用する大胆な設計。
ヘッドの走りを出しながらも、軽量シャフトにありがちな当たり負けを抑えるために「タングステンパウダーシート」を先端部に採用。ヘッドスピード30台のゴルファーが悩みがちな打ち出し角度の低さを解消し、伸び伸びとスイングすることが可能です。
 50g台は40t、60g台は50tの高弾性シートに加え「TORAYCA®T1100G」を全長に使用。高弾性比率を高めた積層は六軸組布とも相まって、俊敏で軽快に走るスポーツカーを想起させるシャープなフィーリングとなっています。
 また、中間部の補強を40g台は「TORAYCA®T1100G」、そして50g台、60g台は四軸組布を使用して外層の六軸組布と合わせて十軸構造。過度に剛性を高めることなく、スイングプレーンを安定させながらも先端の走りを出すことに成功しています。
 外観は、手元部と先端部はレッドクリアー仕上げ。中間部のゴールドはファイア-エクスプレスシリーズの基本カラー。コースで太陽光を浴びたシャフトの姿は、奥行き深く透明感があり六軸組布シートを映し出し、熱気を帯びたHOT RODとしてプレイヤーの気持ちを熱く高めます。

FireExpress HRFireExpress HR

Spec

表を横にスクロールすると閲覧できます。

Fire Express HR 4
本体価格 ¥58,000(+税)

フレックス 長さ
(mm/インチ)
重さ
(g)
トルク
(°)
チップ径
(mm)
バット径
(mm)
キック
ポイント
振動数
(cpm)
F3 1168/46 44 6.0 8.50 14.70 先中 198
F2 1168/46 46 5.9 8.50 14.80 先中 218
F1 1168/46 47 5.8 8.50 14.90 先中 226

Fire Express HR 5
本体価格 ¥58,000(+税)

フレックス 長さ
(mm/インチ)
重さ
(g)
トルク
(°)
チップ径
(mm)
バット径
(mm)
キック
ポイント
振動数
(cpm)
R 1168/46 53 4.7 8.50 14.90 先中 232
SR 1168/46 54 4.6 8.50 14.90 先中 240
S 1168/46 55 4.5 8.50 15.00 先中 248
SX 1168/46 56 4.4 8.50 15.10 先中 256
X 1168/46 58 4.3 8.50 15.10 先中 264

Fire Express HR 6
本体価格 ¥58,000(+税)

フレックス 長さ
(mm/インチ)
重さ
(g)
トルク
(°)
チップ径
(mm)
バット径
(mm)
キック
ポイント
振動数
(cpm)
SR 1168/46 64 3.5 8.50 15.10 先中 248
S 1168/46 65 3.4 8.50 15.20 先中 256
SX 1168/46 66 3.3 8.50 15.20 先中 264
X 1168/46 67 3.2 8.50 15.30 先中 272
  • MADE IN JAPAN
  • チップパラレル長さは50mm。
  • 振動数はヘッド198g、45.75インチ(60度法計測)で組立てした時の目安です。
    可変式クラブにおいては、ホーゼルの差し込みが浅いことなどで数値が大きく変わる場合がございます。
  • チップ径は塗装前の素管数値です。